済【集中講義】9/21,9/22 『永久磁石の基礎と応用』 (量プロ専攻)

【下記開催案内が届きました】
form:(総)量子プロセス理工学専攻事務室
---------------------------
学生各位

下記のとおり集中講義を行います。

受講希望者は、量子プロセス理工学専攻事務室
(ideあっとasem.kyushu-u.ac.jp)まで、
学生番号・専攻・氏名を、メールにてお知らせ下さい。

*期限*9/16(金)

*********************************

集中講義「量子プロセス特論6」のご案内です。

9月21日(水)、22日(木)の2日間、
筑紫キャンパスの総理工 第1講義室におきまして、
東北大学工学研究院の 杉本 諭 先生に
『永久磁石の基礎と応用』についてご講義いただきます。

最近、再び注目を浴びている希土類磁石を中心に
永久磁石の基礎と応用、ならびに高性能化の指針について
わかりやすく講義していただけるとのことです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。


授 業 科 目 :量子プロセス特論6 1単位

講義タイトル:『永久磁石の基礎と応用』

講    師 : 杉本 諭 先生
   (東北大学 大学院工学研究院 教授)

日    程:9月21日(水)9:00~12:15、13:30~17:00
       9月22日(木)09:00~12:15


講 義 室 :筑紫キャンパス 総合理工学府C棟1階 第1講義室

講 義 概 要:
 本講義では、ハイブリッド自動車などの駆動用モータや風力発電の発電機などに
用いられ、今後の低炭素社会実現に欠かす事のできない「希土類磁石」を中心とした
永久磁石の基礎と応用、ならびに高性能化の指針について、磁気工学の基礎から
永久磁石材料の最前線までを講義する。
また、Dyなどのレアメタルを低減して高保磁力化するための最先端の研究動向についても紹介する。


講義時間
9月21日(水)
第1講  9:00~10:30 磁気工学の基礎1(物性)
第2講 10:45~12:15 磁気工学の基礎1(材料と応用)
第3講 13:30~15:00 磁石の基礎(磁石の世界)
第4講 15:30~17:00 Dy低減技術の開発動向(オープンセミナー)

9月22日(木)
第5講  9:00~10:30 永久磁石各論1(合金系、フェライト系、希土類磁石)
第6講 10:45~12:15 永久磁石各論2(現状の問題点と高性能化への指針)
--------------------

以上
[student:00872]

済【集中講義】服部 徹先生(M3852)

※受講申込期限が明日になりました。(8/22再掲示)

 平成23年6月24日
学生 各位
(cc:教員各位)

                 先端エネ事務室

下記の通り集中講義のお知らせを致します。
受講希望者は先端エネ事務室(jim【at】aees.kyushu-u.ac.jp)まで
専攻名、学年、学籍番号、氏名をメールにてご連絡下さい。

*期限8月23日(火)


<<  集中講義のご案内 >>

授業科目コード:M3852(1単位)

授業科目:エネルギー社会論

講師:服部徹氏
   電力中央研究所社会経済研究所 上席研究員

日時:平成23年8月25日(木)
    10:30~12:00(Ⅰ)
    13:00~14:30(Ⅱ)
    14:50~16:20(Ⅲ)
   平成23年8月26日(金)
     8:40~10:10(Ⅳ)
    10:30~12:00(Ⅴ)
    13:00~14:30(Ⅵ)
    14:50~16:20(Ⅶ)

(Ⅰ)~(Ⅶ)エネルギー社会論
消費者と企業の経済行動を考慮しつつ、エネルギーと社会の関係について、
特に効率的な資源配分という観点から分析するための基本的な考え方を学ぶ。
その応用例として、最近の電力不足の問題をとりあげ、社会にとって望ましい電
気料金のあり方について議論する。

場所:先端エネルギー理工学専攻棟(H棟)2階講義室

学生諸君の出席を歓迎します。

連絡先:先端エネルギー理工学専攻事務室
Mail:jim【at】aees.kyushu-u.ac.jp
Tel:(092)583-7562(内線:7562)

以上。

済8/24〆【特別講義】9/20~9/22 Noh Yign先生(M5753) 大海専攻

form:(総)大気海洋環境システム学事務室

---------------------------------
学生 各位

下記の日程で集中講義をおこないます。
受講希望者は大海事務室(jimuあっとesst.kyushu-u.ac.jp)まで
専攻名、学年、学籍番号、氏名をメールにてご連絡下さい。
*期限8月24日(水)
(8/9通知分から〆切日が延長されました)
*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・
授業科目  大気海洋環境システム学特別講義第一(M5752) 1単位

講義題名  海洋乱流とそのパラメタリゼーヨン

講義内容  海洋混合層理論および乱流シミュレーションスキームである
      LESスキームによる海洋混合層の再現実験の紹介を通じて
      海洋混合層の力学やその海洋大気系において果たす役割の
      大切さを解説する。講義の概要は以下の通り。

       1.乱流の力学
          レイノルズ数、クロージャー、混合距離理論、渦動粘性、
          Kolmogorovの理論、TKE方程式
       2.乱流のモデリング
          乱流クロージャーのハイエラキー、非局所混合、LES, DNS
     3.海洋混合層
          安定・対流混合層、ラングミュアー循環、砕波、エクマン境界層、
          慣性振動、混合層モデル

講  師  Noh Yign 氏(延世大学 大気科学科(韓国)教授)

日  時  平成23年 9月 20日(火) 10:00~16:00
       平成23年 9月 21日(水) 10:00~16:00
       平成23年 9月 22日(木) 10:00~16:00

      *時間については講義の進行状況に応じて変更になる場合があります

場  所  G棟2階 講義室

-------------★
以上
[student:00866]
再度〆切が延長されました。お時間のある方はぜひご参加ください。
[student:00856]
8/8_以前の通知より申込締切が延長されて通知が届きましたので、
修正して再通知しています

【KYOTENセミナー】のご案内 と 共同研究拠点について

各位

「KYOTENセミナー」の案内が届きました。
詳細は、 http://www.kyoten.org/top_seminar.html で確認ください♪
kyotensemina-20110809.jpg

ところで、KTOTENセミナー ってなあに? って声が聞こえてきそうですが、
正式には「国立大学共同利用・共同研究拠点セミナー」となります。
ますます難しい???

実は、先端エネルギー理工学専攻の研究室の一部は筑紫キャンパスにある、
「応用力学研究所」の先生方の研究室です。(協力講座)
この「応用力学研究所」が九大でも2つしかない、
「国立大学共同利用・共同研究拠点」として活動しています。
このため、先端エネルギー理工学専攻も特色のある研究活動が
出来ている・・・というわけ。
大学のリストは、下記で確認できます。
http://www.kyoten.org/top_list.html

・・・先端エネ専攻って、じつは結構面白いんですよ~(笑)

済【特別講義】9/21,9/22 中上先生(M0051):環エネ専攻

【下記開催案内が届きました】
form:(総)環境エネルギー工学専攻事務室
---------------------------
   <<< 開講通知 >>>

集中講義 「環境と科学技術」
総理工共通科目  M0051(1単位) 「コンソーシアム福岡」遠隔講義
講 師:中上英俊先生(住 環境計画 研究所所長)
日 時:9月21日(水) 13:00~16:30、
     9月22日(木) 10:30~12:00,13:00~16:30
場 所:総理工F棟3階 304講義室

内 容:環境問題に関する 最新のト ピックスの紹介、日本および世界の環境技術の動向と将来展望について解説する。

*国公私立大コンソーシアム福岡http://www.consortium-fukuoka.jp/のプログラムの一環として 開講します。
*履修届、開講場所は各大学で確認 して下さい。九州大学では開講時に用意する名簿への名前の記入で履修届とします。
*住環境計画研究 所のHP http://www.jyuri.co.jp/  の「中上英俊日経EPコラム」必読の事。

連絡先:環境エネルギー工学専攻 林研究室(内線:7627)
---------------
以上
[student:00855]
プロフィール

aees

Author:aees
AEES 連絡掲示板
講義に関するお知らせ(開講、休講など)や専攻内での出来事など、日々更新(の予定!)です。原稿もお待ちしてます。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク